健康も同時に手に入れられる炭の家を建てよう

炭の力で健康的な生活を

部屋

化学物質や水分を吸収

炭の家とは、床下に炭を敷き詰めた住宅のことです。炭は、芋や肉などを芯からしっかりと焼くためによく使われていますが、そのことからわかるように、炭にはじわじわと熱を通していくという性質があります。そのため炭の家は、冬でも室温が下がりにくく、冷えによる神経痛や脳出血などを防止しやすいことから注目されています。さらに炭には、空気中の化学物質を吸収するという性質もあります。現在の住宅建築には、集成材が多く使われていますが、集成材からは体に害を与える可能性のある様々な化学物質が放出されます。たとえばホルムアルデヒドやトルエンなどですが、昨今ではこれらにより体調不良となる人が増えています。しかし化学物質が吸収される炭の家でなら、その害をほとんど気にせずに生活することができるのです。また炭は、化学物質と一緒に、タバコなどの匂いの原因となっている物質も吸収します。つまり炭の家では、匂いによる悪影響も受けにくくなるということです。さらに炭には吸水性もあるので、炭の家は、カビやダニなどの湿気による被害が起こりにくい点でも評価されています。湿気が少なく乾燥している時には、逆に炭の内部の水分が放出されるので、炭の家では乾燥による劣化も予防できると言えます。炭が吸収できる水分の量は、具体的には100gにつき約10gとなっています。したがって、敷き詰める炭が多いほど、高い調湿効果が発揮されることになります。このように様々なメリットがあることから、快適に健康的に暮らすために、多くの人が住まいを炭の家にしています。

日本にあった北欧住宅

スウェーデンハウスは高い断熱性能が特徴で、冬だけでなく夏の冷房効率を高めて省エネルギーに貢献しています。防音性能も高いことから、スウェーデンハウスの木造住宅は四季の気候変化が大きい日本の都市部にもぴったりとあう住宅になっています。

良好な交通網と豊かな自然

茅ヶ崎で生活を送っていく場合、必要なものに家が挙げられます。茅ヶ崎にはたくさんの物件が販売されており、中でも一戸建てを選ぶ人が多いでしょう。長く住むことを考え、家族のライフスタイルに合った物件を見つけることが大切です。

設備をチェックする

人気エリアの鎌倉で中古一戸建てを購入したいという場合、電気の容量をチェックしましょう。場合によっては電気の容量が少なく、フリフォームを必要とします。家電を多く使う生活をしている方は、特に電気の容量を調べる事が大切です。